北京的夜生活论坛

時首を横に振って青年を見て、「すみません、とりあえず食べたくないです。 、戻るこ南京桑拿按摩とができます。」

「お腹が減っていませんか?」若い男は微笑み、突然車の汽船の1つを開けました。

そういえば、この茶屋は本当に変な組み合わせです。下には京劇を歌う人がいて、ロビーには広東風の点心がたくさんあります。南京夜生活spa论坛

若い男が開いた檻の中の点心はエビ餃子でした。

「いや、本当に食べられない」ゆなはまだ首を横に振った。

若い男はこの瞬間にため息をつき、「残念だ。ここで食べたいものはないようだ」と言った。

ユナは若い男ができるだけ早く去ることを望んでいるだけで、彼女の表情は少し焦ります。

でも若い男は、「じゃあ、このお嬢さん、何を食べたいのかわ南京桑拿会所网からないの?できれば教えてください。次回はキッチンに追加します。ゲストの意見はそうです。それは私たちにとっても非常に重要です。」

「いいえ、そうではありません。」ユナはかすかに眉をひそめました。

この若い男は辛抱強く、非常に長蛇の列を作っている可能性がありますが、現時点ではまだ主張しています。「では、友達はどうですか?あなたはいつも友達と一緒に来ますよね?友達の好みを知ることができれば、間違いなくお客様の満足度が上がると思います。」

「いいえ!」

「それで、家族はどうですか?」彼は突然尋ねました。

「いや」ユナは一言言ってびっくりした。ため息をついて頭を上げ、「上海南京夜网论坛小籠包はあるの?妹はこの料理が好きだ」

「もちろん。」若い男がちらっと見た。食堂車にたくさんの小さな汽船があり、ついに角を曲がってユナの前に置いた。

食器棚に保管されていたお皿や箸を置き始め、湯菜の丼に蒸し餃子を挟み、やっと楽しんでくださいという仕草をして、サービスは順調でした。

ゆなはお椀の中の餃子を見て何も動かなかった。彼女は無意識のうちに頭を上げ、喫茶店の若い男をちらっと見た。

「味わって、これは作ったばかりで、最高の味がするはずだ」

ユナは静かにうなずき、小籠包を箸で巧みに拾い上げ、ゆっくりと口の中に入れた。彼女は最初に小さな一口を取り、口の中で噛み、それからそ南京楼凤论坛れを飲み込んだ。

しばらくすると、ゆなは箸を下ろし、少年を見て、泣くよりもさらにひどい笑顔を見せ、「美味しい」

「満足できればいい」と言った。少年は微笑んだ。 「じゃあ、お邪魔しないよ、ミス」

若い男がカートを離れるのを見て、ユナは無意識のうちに彼に電話をして、いくつ